好きなグループに囲まれて・・・
好きなグループに囲まれて・・・

修学旅行 いざアルタへ

エグザイルなんちゃらからワンダイレクション???

誰それって感じですが、いつのまにやら坊主も洋楽を聞くようになってたことに驚き、昔のビートルズみたいなもんたいと言われてしまいました。

知らない間に成長し、ちゃんとリサーチしてたようで、お店の方からも熊本からと感謝されたようです。

 

このグループのお土産代で一気に財布が寂しくなったとの事で、コジ家のお土産は・・・となりました。

 

アルタといえばタモリのイメージしかないんですが。

滑れるようになったのかな?
滑れるようになったのかな?

修学旅行 スキー&東京の旅

3泊4日 スマホ持参禁止の厳しい条件付きが今どきです。

2日間のスキー合宿&自由行動で新宿・原宿・築地・浅草等、2万の小遣い持参で満喫されご帰還、もう現実に戻されたといった感じでしょうか。

宿からの世界遺産 富士山もお見事だったようでなにより

コジコとのGAPは大丈夫か・・・
コジコとのGAPは大丈夫か・・・

坊主 服を買う

一足早く博多のばあさんよりお年玉をゲットした坊主 懐が大きくなったのか コジコの影を恐れながらも買い物決行‼(帰り道にある鳥栖プレへ)

 

いつのまにやら、いろんな店に飛び込み服を一生懸命見る成長した坊主に少し驚き

(当たり前か・・・)

私たちの時代デザイナーズブランド ニコルなどには興味を示さず黙々と 時間が足りないようです。

 

坊主なりに費用も一生懸命考えて買ってるようでしたので口は挟まず

アクセサリにも興味を持ち始めましたが、ぐっと思い留まったようです。

 

いつもの自撮り手にて
いつもの自撮り手にて

学問の神様を訪ねて

下の写真を見ると目的が何かわからなくなったような ハムエッグたい焼きうまいらしいです

 

3年前はまだまだ修行しなさいと坊主に一つのハードルを与えてくれました。

 

修行を積んでの今年、結果は神様が知るのみ 準備は整いました

やっぱり坊主です・・・
やっぱり坊主です・・・

忘れ物

会社から帰るとなくて当たり前のものが置いてありビックリ‼


今朝になって大きすぎると言い出したようで、どうりで人の睡眠を妨害しながら朝からばたばたしてると思ったらこれが原因でした。結局小さいバッグに詰め込んだとか・・・昨日の準備はなんだか。

費用対効果は・・・ 汗汗
費用対効果は・・・ 汗汗

坊主一人旅?

もう3年・・・早すぎるといった感じで塾恒例の観光(合宿2泊3日)の準備も整った模様。 必勝鉢巻して臨んだ中学受験 合宿、涙をのんで早3年、もう高校受験とは。さあ安泰よりチャレンジか・・・


この3日は送迎しなくていいわーーー

そこっ、じゃないか。


軍艦島観光(坊主撮影編)

平成生まれの坊主にとって昭和の時代のいい社会科見学になったようでした。

ご当地グルメも坊主のおごりで楽しめましたが、小遣いは気にしながらショッピングするまで成長しました。

軍艦島観光(父撮影編)

崩壊寸前で危険が伴う為、ほんの一部しか見学できませんが雰囲気を味わうには十分でした。世界遺産に登録され補強等、手が入ることになるようですが、何もしない自然な30年後を見てみたいような・・・私はこの世にいなかったかな。

 

そんな軍艦島上陸後、坊主は美術館へ行きたいと長崎美術館へ、その間、私はぷらりと散策、そして、コジコは、車に戻って昼寝となりました。

試食いっぱいして、お土産選びは楽しいようで
試食いっぱいして、お土産選びは楽しいようで

七夕ですが・・・

坊主は塾が恋人のようで・・・

そんな長崎でのお土産店での出来事、坊主の好青年ぶり(笑顔に・はきはき・お礼の言葉)にお店の方が驚いたようで、

こんな中学生見たことないと、修学旅行のそっけない子どもばかりのようで、娘のお婿にとまでコジコに言ったとか。


どこかの母親に気に入られて養子かな。

22:30過ぎ世界遺産登録のニュースが・・・
22:30過ぎ世界遺産登録のニュースが・・・

記念すべき世界遺産登録日に

坊主、やっぱり持ってます。

 

8月の夏休みに予定していた軍艦島上陸でしたが、3年生最後の学年キャンプが入って日程変更を余儀なくされ空いていた7月5日を予約

 

世界遺産登録日になる発表日だったようで、行けば決まってる予定だったようですが韓国の反対で夜の10時まで先延ばしになったいきさつが。

 

坊主が着てるTシャツはすでに決まってれば朝から売り出す予定だったようですが、決まらなかったのでお蔵入りしていたものが、夕方まで長崎をブラブラして立ち寄ってみると販売中に・・・多分夜には決まるだろうと確信したのでしょう。


「バンザーイなしよ」になりかけるところでした。

 

その記念すべく1枚目を坊主がゲット‼ 思い出に残る1日となりました。

坊主、持ってるのかな・・・

 

 

 

 

東京旅行 坊主撮影編

800枚を超える中からの数十枚をピックアップ、坊主目線の物を中心に。

しかし、800枚も撮ってしっかり自分の目で見てるのかな??

以上にて男子会シリーズ終了


次回は男3世代で北海道の励まし坂を自転車で登る旅とかなんとか申しています。

成田の宿

22:00過ぎ到着の為、移動はしたくないと探していたら空港直結のカプセルホテルがあり、私も人生2度目でしたがここはおしゃれでございます。

便利なんですが、さすが国際空港、人の出はいりが多いのと各人がセットした目覚ましが鳴り響き朝4:00に私まで目がパッチリさえてしまい、長ーーーい1日のスタートとなりました。

海外の方も多いんですが、会話力の問題でコミニュケーションが取れないのが残念。

東京旅行観光(父撮影編)

見せてあげたいとこがありすぎ、またせっかく来たのであまり駆け足にならないようにと配慮しての観光地巡り でもやっぱり時間が・・・


都会がいいなと坊主もつぶやきましたが、家はやっぱりマンションより今の家がいいと言ってくれました。これから、自分でいくらでも行けるよと伝え充実した2泊3日の男旅を満喫となりました。


都会も住んでると当たり前で何とも思いませんがたまーに行くと刺激的でした。


歩いたね・・・・
歩いたね・・・・

弾丸ツアー終了

スカイツリーとアサヒビールのモニュメントでパチリ。


歩きすぎて足が棒になりましたが、また坊主の外面パワーで素敵な出会いがあり

疲れも吹き飛びました


ちかれたー 今日はここまで・・・

眠い眠い・・・

旅のしおりも手作りで・・・
旅のしおりも手作りで・・・

男子会 さあ出発です

格安航空片道4千円は取り損ね、8千円台になってしまいましたがそれでも安いのかな、私たちが希望する時間帯を選べる訳ではないのが残念。


坊主が一人でも行こうとした(6万円台)ANA工場見学ツアーの話があり、JAL工場見学が祝日でも予約OKだったことから私もツアコンかねて便乗となりました。


さああとは坊主の行きたいとこを限られた時間でどこまで行けるか・・・ハードな旅の予感。


関東ではお会いしたい方が多々おりますが今回は我慢です

島根・鳥取の旅(父撮影の一部)

何度も書いてますが、坊主は楽しんでるようですが、顔が楽しくなさそうなんです。

でも楽しいようなのでいいんですが・・・

親とべたべたするような年齢でもないのでいいんですが。

島根・鳥取の旅 最終日(坊主がとらえた写真編)

砂丘から一気の帰宅へ・・・父頑張ったって感じです。砂丘はあいにくの大雨になり坊主が楽しみにしていたラクダには乗れず、砂丘の急斜面を降りた途端の大雨で坊主はずぶ濡れに・・・替えのズボンがあるかと思いきやたった1本のジーパンのみ、坊主の準備の悪さに「イラッ」と私はしてしまいました。もちろんこの件だけでイラッとしたわけでなく、前日にもあったもんで。

鳥取に行ってまでイオンに連れていかれました・・・くそ坊主め・・・

島根・鳥取の旅2日目(坊主がとらえた写真編)

出雲から境港の水木しげるロードまで・・・年寄りには堪える工程でした。水木ロードでの坊主のスタンプ集めには「もう勘弁してください」と言いたくなるほどでしたが、一生懸命集める姿をみたら・・・まだ子供やねとの思いで可能な限りフリーにしてあげました。「しかし、まだスタンプ集めるかね」と思いつつ、帰ってきたら自学ノートに一生懸命まとめてました。

島根・鳥取の旅 初日(坊主がとらえた写真編)

世界遺産の石見銀山へ早朝5時出発で10時無事到着(一人運転)坊主も考えて撮影するようになり「おっ、なかなかいいんじゃない」って写真もちらほら。約50

0枚ほど撮影していたようでその中の一部を。

フィルムカメラなら14本程度使用していたことを考えるとデジカメには助かります。(その分考えずに撮ってるかな・・・)

やっぱり中2の坊主目線って感じの写真かな。

 

5月4日は

祐徳稲荷~武雄市図書館~黒髪山登山~ステーキハウス蜂の強行スケジュール‼

私は祐徳何十年ぶりでしょうか、新緑と朱のコントラストがなかなかのものでした。GWの割には空いておりのんびりと過ごした後は、賛否両論の図書館へ、期待を裏切らない素晴らしい施設でわが町にもぜひ検討頂きたいと思うほど、コジコを図書館に残し坊主と私は黒髪山登山へ向かうのであった。

この図書館5月5日に100万人を突破したとのこと、最初に考えた人の勝ちですね。

奈良の旅編〆

奈良と関係ないような写真ばかりではありますが・・・

奈良の旅Ⅱ

今度は坊主撮影の写真のなかで、坊主ならではの目線のものを集めてみました。フォトギャラにはいれてませんが、数多くのいい写真撮影してますが省かせていただきます。

 

奈良の旅

写真枚数が増える中、なんとなく集めてみました・・・やっぱり奈良はモノクロがいいな。

阿弥陀如来かな・・・
阿弥陀如来かな・・・

奈良のくまもん?

旅も終わり高速で移動開始、一通りしゃべりまくった我が家のクマモンはまだ寝てなかったようです。撮影はもちろん坊主です。

 

 

鹿に追い回され逃げる坊主
鹿に追い回され逃げる坊主

奈良公園の鹿

鹿が可哀想です・・・鹿せんべいを小さく割ってちょっとしかあげない坊主、多くの鹿に食べさせてあげたい気持ちはわかりますが、大きな体の鹿にこれだけ?正月3が日とあって、せんべいを与える観光客だらけ、その結果、最後は鹿がせんべいを拒否・・・結局せんべいは余ってしまいましたとさ・・・やっぱり、今年も坊主は坊主です。

怪しいお店・・・
怪しいお店・・・

ここはどこ?

田舎のいかがわしいお店ではありません。コジ家の和室でございまして、ご先祖様も勘違いして目がパッチリ開いた事でしょう。坊主企画部長の奈良旅行前夜祭を開催。パソコンを駆使してのスライドショーは披露宴並みの仕上がりに少々驚きました・・・飾りも音響設備もすべて坊主一人でこなし、旅行が違う一面を成長させているようです。そして本日第二部無事終了・・・いつまで続く事やら・・・宿題が山のようにありますが大丈夫かな?

サンタを抱っこしてます

まだまだ赤ちゃんです、理由は奈良旅行に向けた前夜祭のプログラム用写真を撮影中。

この企画部長のプレゼンは寒ーい和室で30分の予定だとか・・・旅行前に風邪ひきそうですね。この企画部長の性格は黙っておく事が難しくしゃべりたくてしゃべりたくてしかたないとこです。将来アイデア盗まれなければいいですが。

準備完了
準備完了

奈良の大仏様へ決定

おまけに車での大移動、高野山は雪も積もっているとのニュースが流れてますが、万が一に備えチェーン試着も無事終了。後は坊主の依頼で洗車して出発するのみ。

坊主希望の宿坊宿泊は値段の高さにNG・・・1泊で今回の全泊分になるくらいなので・・・

貴重な体験かと思いましたが、値段には勝てませんでした。

将来自分で行って泊まってみるのもまたいいでしょう。

私は奈良井宿がお気に入りで何度も足を運びましたが・・・

どこいきますか
どこいきますか

行きたい所は山ほど・・・

坊主、イオンでパンフレットかき集めてました・・・おっ、東京が入ってない。坊主、奈良とか渋いところ選んできます・・・若いのにね。屋久島も捨てがたいですが1年に366日雨が降るといわれるほどの環境、覚悟も必要です。やっぱり、大仏様かな!

ぶらり・・・

リクシル、好日山荘、佐賀プレミアアウトレットを一気にはしご。買ったのは坊主が一目惚れの財布のみ。本当のアウトレットとは???製品と価格が立派過ぎて言葉が違うような気も。本当に欲しいものはなかなか手が出せません。

 

田んぼアート

新玉名駅前にくまもんが描かれたと新聞に、早速坊主と見に行ってみると、展望台が低すぎてさっぱりわかりませんでした。初の試みとのことで失敗したようで予算の都合で高くも出来ないとの事。せっかくりっぱなアートがもったいない。

インカ帝国の次は、

中国の旅!簡単に世界へ連れて行くことができませんので、今回も博物館へ。またもや最終日の駆け込み、自転車引っ張り出して出発となりました。

 

相変わらず、小学何年生?と見られ、おまけに2度も・・・見た目もそうですが楽しみ方もそんな感じです。+私はその友達で。

マチュピチュへの旅

モアイ像の次はインカ帝国展へ、もう最終日とのことで思い立ったら一気にスタート!500年前にタイムスリップ。世界にはまだまだ凄い所がありますが、しかしあの石を積み上げてる凄さには・・・生を目で見たいもんですが飛行機でも24時間。定年後、懐に余裕があったら世界を回ってみたいもんです。

無事到着
無事到着

宮崎土産その2

埴輪が無事に焼き上がり送られてきました、男性のシンボルみたいなものは、坊主の名前になりますので、勘違いされませんよう。背中のヴァイオリンも落とすことなくくっついておりました。

純金です
純金です

宮崎のお土産

モアイ像のティッシュケースをお買い上げ、鼻からティッシュでてるし。この発想も面白いですが、坊主のハートを捕らえたようですね。これを7個そろえても面白いなと考える私も・・・値段が張るので。

宮崎観光2日目(鵜戸神宮埴輪作り編)

暑い!といいつつ次の目的地に到着、駐車場からしばらく歩きますが体力が・・・夫婦円満の神様でしょうか?ロケーションも最高でした。やっぱり大人になってくるほうが一生懸命見るような自分がいたり。暑い暑いを連発しつつ、旅の最終目的地埴輪作り体験へ、坊主も楽しんで作れて何より、そしてコジコもお気に入りの食器発見購入し、帰りは食器の話で一人盛り上がっていました・・・でっ登山は・・・そんなバラバラな会話で旅も終了。次はどこ行きますかね。

宮崎観光2日目(サンメッセ日南編)

ここも暑い!モアイ像見学、本国の許可を得て設置されたものだけあって少々入場料がはりますが一生に一度は見ておいて損はしませんでした。暑さで行動意欲がそがれたのが残念ですが・・・・暑いーーーさぁ次へ・・・暑いーーー

宮崎観光2日目(青島編)

朝から暑い!鬼の洗濯岩、大人になって見るとその造形美にいまさらながらに感動、子どもの頃はぼんやりみてたのでしょう。暑さと次の予定が無ければしばらく過ごしたいほどでした。しかし、青島神社の境内はすべて有料って感じが・・・・でした。坊主が喜んだのはタイのタクシー(トゥクトゥク)に乗れたことでしょうか(運賃はお客さんが決める)昔、新婚旅行No1の場所、たまに行くといいもんでした。

灼熱宮崎旅行1日目

登山後、宮崎市内へ移動し平和台公園・はにわ園~宮崎県庁へ。とにかく暑さとの戦いで老体には大変な1日となりましたが坊主は満足でなにより。(もう一人の老体コジコさんは登山に続き県庁見学もキャンセルしホテルで爆睡・・・寝にきたようです)

間違いなく坊主のツボかな・・・
間違いなく坊主のツボかな・・・

どこ行くどこ行く

私と二人になるとお盆の計画をせかす坊主、コジコさんにびびってんのかな??福沢さんの出費がかさんでいることを説明しつつもコジ家の行事のひとつとしていつものごとくサプライズ企画。といっても、冬の大型計画を考えお盆は質素に・・・出張でお世話になるホテル価格と設備がいいので、今回はそこへお世話になることにしました。宿題が進んでるといいのですが・・・

出張ですが

5時からは観光ということで・・・ご当地のうまいもの連日もう食べれないくらい飲食(食べさせて頂きました)と気持ちよく帰ってきましたが、数日後、あれっお腹が・・・胃腸炎でダウン。食べたものすべてなくなりましたが、5日目でも治らず・・・もう絶対、暴飲暴食はしないと誓う七夕でした・・・9割は仕事のストレスからですが、明日の朝は直ってるかな・・・

今度はマリーアントワネット展へ

芸術家坊主?が行きたがってたアントワネットへ最終日に何とかいけました。何か吸収出来たことでしょう。

歌川広重の次は・・・
歌川広重の次は・・・

北斎展へ

坊主のおごりでコジ家全員で北斎展へ、坊主のおごりにチケット販売の方も驚いておられました。こどもの日にこどもが招待、コジ家のルールでしょうか。浮世絵に私は特別な興味はありませんでしたが、原版(本物)から200年前のことが絵を通しが見れる凄さを坊主のお陰で見ることが出来ました。しかし坊主が北斎に興味を示すとは・・・こちらの方が驚き、また、お土産の選択にも坊主ならではで・・・

高千穂バーガーを求めて

キャンプ場から近くの高千穂、私も久々で新鮮でした。坊主には有名なボートでも乗せてあげようと考えてましたが、昼で受付終了・・・GWでしたね激混み。追い討ちをかけるようにお目当ての高千穂バーガーも売り切れ(汗汗)坊主の為に周辺を走り回りましたが、佐世保バーガーのようにどこにでもあるようなことなく1店舗のみなのでしょうか、発見出来ませんでしたがこれもいい思い出に・・・ボートとバーガーで再挑戦ですね。

やっぱり渋いな・・・
やっぱり渋いな・・・

坊主自身 萩のお土産

 東海道五十三次(夕立に襲われた旅人)

歌川広重の作品ですね、小6の少年がこの浮世絵を選択するとは思いもしませんでした。他にもいい作品があったようですが、コピーといえども坊主の小遣いにはちょっと大金のようで金額にあったいい作品が見つかってなにより、只今改装中の坊主の部屋に飾られることでしょう。問題はゴッホに浮世絵に中国絵にまとまるのか心配ですが。

萩の町 ポタリング

昨日の晴天が嘘のような雨と寒さ・・・残念。社会で勉強中の人物が多い町、伊藤博文の事を教えてくれた語り部さんのお話、博文の成績は下から数えた方が早いくらい出来が悪かったそうですが、いくつかの出来事ですっかり心を入れ替え頑張った結果総理にまでなったとか。語り部さん坊主の心境知ってるのって感じでお話してくださいました。町中をしっかり勉強した後は、美術館の浮世絵展を見たいにも驚きましたが、坊主の美術と芸術の守備範囲の広さは不思議で、食べ物でなくしっかり絵を購入してるし、私には分からない世界をもっているようです。天才か???それとも・・・

萩インテリジェントホテル

坊主に早く予約予約とせかされて予約していましたホテル。料理付きの民宿も勧めましたが部屋が怖いとやらで却下に・・・坊主はきれいなシティーホテル好き、私は昔たくさんお世話になった民宿も魅力的なんですが、確かにコジコと行った北海道の某温泉の深ーーい汲み取り便所は怖かった。

坊主からのプレゼント

先日の角島サイクリングの時に、地ビールを私に買ってくれました。お小遣い減るからいいよと断りましたが、坊主のひいばあちゃんの口癖だった「遠慮するもんね、遠慮せんでいいけん」と一生懸命言ってくれるのでお言葉に甘えて・・・グラスも坊主からのプレゼント品で本日はこれで乾杯、明日からの出張に元気頂けました。「うまいっ」

速報

3月9日 今日は、いよいよ男子会!朝のオープニングセレモニー~一日目がスタート。角島を、自転車で走り今日は15.3キロメートル走行。おおはま食堂では、海の幸がいっぱいのった、海鮮丼を食べました(コジイチ)コジオのイモ天、おいしかったです(笑)さっぱりとした海鮮丼もとってもおいしかったです!鬼の岩を見たり、第2次世界大戦の時に作られた砲台を見たりしました。磯遊び中、コジオが小さいカニにかまれましたがいい思い出になりました。ホテル内で、夕食をとり、ちょっと休憩ということで、本日は、コジイチが、ブログを更新しました。

山鹿観光大使

ではありませんが、灯篭ロマンに一の親友坊主と出撃・・・普段見ることが出来ないくらいの人・人・人・・・多くのカメラマニアに交じりちっちゃい坊主も一生懸命撮影してました。ろうそくと傘中心の光の祭典ですが、幻想的で一見の価値有りです。残すは来週の金土のみ。明日は島原男旅早く寝ないと・・・

行きたかったーを連発中
行きたかったーを連発中

坊主の励ましその3

シンガポール旅行、これは合格前に合格した時にと、おじいちゃんからぶら下げられていた大変大きな人参作戦。おまけにビジネスクラス・・・坊主はビジネスで親がエコノミー?そして、憧れのベイサンズホテル(屋上プールが売り)もちろんこれでも気合が入っていたのですが・・・自力でゲットする事は出来ませんでした。連日新聞にシンガポールツアーの募集が・・・汗汗 私は貨物室でもいいから連れて行ってほしかった。今年の目玉として、東京ツアーでも企画しますか・・・次の目標に向けてこんな場合じゃないか・・・

早く走りたい・・・
早く走りたい・・・

男子会

坊主の結果発表前なこともあり落ち着かないのと、坊主の気をまぎらす為に今年の男子会計画。自転車で是非走ってみたかった角島へかかる大橋。ちょうどJAF冊子に掲載されていました。青い海・青い空の春は日本にもこんなところがってなくらい最高かと期待し、そして、有名な海鮮丼を楽しみに・・・とは言ってみるものの、やはり明日が気になる・・・お酒の力で早く眠よっ。

これがあってよかった
これがあってよかった

出張のお土産

お土産は最終日に購入しようと考えてめぼしをつけてはいましたが、最後の徳之島空港ターミナルでこれかなと決めたとき買えばよかったが、待合室に入って買おうと入ってみるとガビーーーン!!イスしかありません。時既に遅し。仕方ないので、高速のサービスエリアで物色、鹿児島行って、なぜか地元クマモン必勝お守りを購入。坊主が喜んでくれたのでよしとします。ちなみに当初予定はサーダーアンダギー(ドーナツ?)&海人Tシャツでした。離島のお土産購入勉強になりました。

 

仕事です観光編

喜界・奄美・徳之島への出張へ、いやー楽しかった・・・仕事が。まだ、向こうは初夏の陽気、老体には助かり、島時間・おいしい料理・黒糖焼酎を満喫することが出来ました。噂では聞いてましたが島人(しまんちゅう)は本当に親切に接してくれる方が多かったです。一切観光が無かったのが・・・心残りですが・・・

受験生の神様太宰府天満宮へ

やっぱり最後は神頼み・・・な訳ではありませんが、努力の成果を見守っていただければですね。想像をはるかに超える人に驚きましたが、坊主の九州国立博物館で開催中のフェルメール展をぜひ見たいにも驚きました・・・芸術の秋ですが、小6の坊主がこの方向にも興味を示す事が予想外・・・やっぱり何か違う感性をもってるのでしょうかね、私が小6の時入場料とお土産のお金があるなら、間違いなく車のプラモデルに全額いってましたので、実際そうでしたが。坊主、今度はマリーアントワネットも見に来たいとのこと・・・オネー系ではないと思いますが・・・

世界遺産を目指す

隣町の万田抗、大牟田・荒尾は元は炭鉱の町、随所にその面影を残しカメラ好きには廃墟のような無骨な姿がたまりません。その場所が今回、光によるイベントを開催、坊主もカメラに収めないといけない被写体とのこと・・・今は単純にライトを照らすだけでない技術の進歩に驚きです・・・ その一部をどうぞ。あと廃墟と言えば、長崎の軍艦島、一部公開ではなく全てを見てみたい島の一つ、今度の男子会かな。

坊主修学旅行で

私の故郷長崎へ・・・ではなく福山雅治でした。やっぱり一番の思いでは食べ物、楽しかったようでニコニコで帰ってきました。お土産も一生懸命選んだようで、その気持ちだけで十分なんですが人の喜ぶ顔が見たいのでしょうね(男気でしょうか)自分のお土産買うのを我慢してまで・・・子供と思ってましたが成長してますね。お店の店員さんのトークにのせられ買っている姿を想像すると笑えます・・・お店にとって修学旅行はドル箱のようで・・・坊主もお店も満足でなにより。そして頂く私達も。コジコにはカメのお土産、カメは万年・・・長生きして欲しい気持ちをこめて購入したと日記にまとめられてました・・・そんなに生きたら大変です。写真クリックで拡大

 

花見 2011.4.10

今日はオヤジの墓参りをかねて、二日連続の花見となりました。桜も満開、孫も来てオヤジも喜んだことでしょう、写真のコジイチちょっとメルヘンチックに作成してみました。帰ったら宿題が・・・

 

中国出張 2011.5.23

中国より無事帰国、観光に入れていますが仕事で出張です。驚きの連続で疲れますが飽きない国です。歩道を走るバイク、車道を歩く人、レース状態の運転、常に鳴り響くクラクション、交通規則は最後まで理解出来ませんでしたね。

コジイチに内緒サプライズの連続旅行

コジイチへ完全極秘にて、日産九州工場見学予約、更にホテル宿泊、更に博多駅1日駅長に当選していたことの報告と、コジイチ、行く先々での出来事に驚きの連続で途中で怖くなって涙まで・・・新幹線駅見学で誘い出し、いつもは来ないコジコまでくることで、なんとなくおかしいと感じながらの旅の始まりとなりました。

まずは、日産九州工場見学へ、私も11年ぶりの日産の匂いに懐かしさをおぼえ生産ライン見学へ、ロボットの溶接技術に今更ながら驚かされました。お土産は3個ものGTRミニカーのお土産付き、もちろん、コジイチはしばらくぶっぶーと遊んでいたのは言うまでもありませんが・・・まっすぐ帰るはずが・・・ホテルへ・・・続く

 

なぜかホテルへ

さあ帰ろうとなり、ちょっとトイレ(大)がしたいとホテルの駐車場へ。コジイチも無理やりトイレに誘い、その間にコジコが手続きを行う作戦・・・(大)といったのに(小)をしている私にコジイチ、不思議に感じつつロビーへ・・・コジコが鍵をもらっている、2度目のサプライズ・・・コジイチ、現実がつかめません、なに・・なに・・の連発、嬉しさより怖くなったようです。

そして、3度目のサプライズは、部屋で博多駅1日駅長に当選していたことの目録渡し・・・

「もう夢か現実かわけわからん」となり、今回の作戦は成功となりました。

ホテルのすし屋は金額を見ていけなかったのは現実ですが・・・ここはサプライズ無し、やっぱりコジコ。ここまできたら、ついでに小倉駅、新下関駅を制覇し、最後のサプライズはここの港でお別れとコジコがコジイチを脅かしたもんで、コジイチ涙がポロポロ・・・・寿司を食べに来たと言うと安心安心、何を信じていいかわからなくなってしまったようです。

唐戸市場の寿司で締めとなりました。

 

山鹿灯籠

お盆は燈籠祭、幻想的な世界でついついシャッターを押す回数が増えます、撮り鉄コジイチは興味がないのか、恥しい(*´д`*)のか、撮らないんです。この灯籠、和紙で出来ていてすごく軽いらしい、美人が多く中年おじさんが追っかけてます私は教育上おとなしく。この祭りが終わると一気に秋を感じる今日このごろ、1年が早い。

 

じーばー宅に無事到着
じーばー宅に無事到着

サイクリング2011・9・4

体を動かす行事が少ないと感じ、じいちゃん、ばあちゃんの実家までの往復約40kmのサイクリングへ・・・もちろんコジコは留守番。一言、ちかれたーお尻が痛いーと体が悲鳴をあげましたが、コジイチもよく耐え抜きました。サイクリング、登山等秋はスポーツに力をいれますかね。今度はどこにいこうか考えるのもまた楽し・・・志賀島一周もいいなー。

只今、予約中
只今、予約中

そうだ京都へ行こう 2011.12.4

今年の年末年始は京都・大阪の旅へ、コジイチ〆は憧れの新幹線で京都へ。年越しは京都、元旦は大阪へ移動し新年早々たこ焼・串かつ・通天閣といったところでしょうか。京都は定番の清水に金閣寺に東寺・・・撮り鉄はこの時ばかりは撮り寺でしょうか。デジカメの2千枚のギガで足りるかなと心配するコジイチ・・・そんなに何を撮るの。今年お世話になったJR九州で旅の予約中。あっと言ってるまに旅のスタートの予感・・・寒い((((;゚Д゚))))事が予想され、ウニクロにヒートテックとやらを買い占めるコジコにコジイチの日曜日でした。

寒さ対策も万全に。
寒さ対策も万全に。

いよいよ出発

そうだ京都へ行こう計画の日がいよいよ明日に、コジイチ指折り数えて待ってた日がやってきました。暑くて((((;゚Д゚))))寒い京都、寒くならないことを期待して。年越しの京都情緒を楽しんできます。では出発です。

京都・大阪でも定番の記念撮影

京都駅前本願寺にここまで必要かと思えるような顔出し・・・やっぱり利用するコジ家・・・需要があるってことかと思いつつ、京都に抱く厳格なイメージが・・・

あると撮りたくなるアイテム、コジイチもいつまで素直に顔出してくれることやら・・・

写真はクリックで拡大します・・・拡大するほどのものでもないか。

昨年はこの一文字につきます、清水寺にて
昨年はこの一文字につきます、清水寺にて

京都のメイン神社・寺めぐり

私自身コジコ共に、数十年ぶりの京都観光、いつ訪れてもこの雰囲気は落ち着きます。都会化との融合は否めませんが、やっぱり京都、ここでしか味わえない空気、カラーより白黒が似合います。コジイチも東寺・平等院・清水寺・金閣寺・・・と定番の日本建築の初体験には感動を・・・No1は清水寺とのこと・・・あの清水の舞台を支える足場の骨組みは私も凄いと言わざるをえません+清水で頂く甘味も外せずわらび餅をコジイチに食べさせたのはゆうまでもありません。今回は3日取っていましたが、やっぱり足りない、しばらく滞在して自転車でゆっくりとめぐってみたいですね。コジイチはカメラの記録(ギガ)が足りないとミニ写真家にも何かを惹きつけるようです。さあ、今度はどこゆこ。写真は後ほどUP。

愛車Nボーと初の長距離ドライブ
愛車Nボーと初の長距離ドライブ

女子会男子会

京都の写真編集も終わらないうちに、コジコ、再び京都へ・・・私とコジイチを残し女3姉妹と母の4人の2拍3日の旅へ。残された二人は男子会として、ハウステンボスを含む長崎の旅へ出発、こちらは、学校と仕事の関係で1泊2日の旅へ出発。観光に食べ物にお土産と非常に充実した旅となりました。ずっと縁がなかった蛸焼焼き体験もついに出来てコジイチ満足の旅となりました。ぼちぼちUPしていきます。

コジイチ大好きなお土産ショッピング

コジイチ京都へ行ってるコジコの為に、有田焼のお茶碗を選択、小遣いと相談した中で、これだっとすぐに決定・・・コジコの喜ぶ顔が早く見たいとテンションも上がり、いつもはケンカで怒った顔しかみてないようですが、まだまだコジコッコです。

もちろん、お土産屋各店で外面の良さは完璧で、礼儀正しい子だ、かわいいだとお褒めの言葉を頂戴いたしました。目上の人に対してあたりまえのことですが、それだけ最近の子はぼろぼろなのかな・・・これからも大事にしてほしいもんです。

コジイチ自分へのお土産、長崎のステンドガラスは高くて手が出ないようでした。

コジコの乗せた新幹線が帰ってきたー
コジコの乗せた新幹線が帰ってきたー

コジコが帰ってきたー 大牟田21:00到着

お互いの男子会・女子会も終わり、いよいよ自宅へ、長崎の食遊の旅も終わりましたが、〆は京都から帰ってくる女子会チーム(平均年齢50才??)のお迎え、夜の9時到着、私はへとへとですが、コジイチが驚かせたいとのこと、60時間ぶりのコジコの再開にテンションも最高潮に・・・ホームへの入場料100円を30分前から握り締めた手がお金と汗の臭いでクサイだって・・・11才には60時間は長かったんだろうな・・・と思ったら、もう夜、喧嘩してるし。いつもの日常に戻りました。

湯たんぽ??

今回の長崎の旅、ホテル、安くて綺麗でベッドも大きく小5でも小さいコジイチとの添い寝プランでしたが十分でした、節約したおかげで帰りにステーキのコースを追加。坊主と寝ると湯たんぽのように暖かいのです・・・発酵温度が高いので冬は助かります、夏は迷惑ですが。

まだ一緒に寝ることが出来ますが、来年は嫌がるか・・・嫌がってもらわないと困りますがね。

花見

親父の墓参りを兼ねての花見、桜はやっぱりいいですね。ぼーくらは・・・・と森山なおたろうの歌がついでてしまいます。桜吹雪の道の・・・と散りはじめはていていい感じでした。坊主も早いもので明日から6年生のスタート、つい先日、桜の下で入学式の写真を撮ったような記憶がよみがえります。もうすぐ、私も49歳だって。

 

母の日感謝旅(お土産編)

母の日といってもコジイチの母のコジコのことで、コジコが行きたいと言ってたツタンカーメン展のチケットをコジイチが母の日に感謝を込めてプレゼントすることで、いざ出発。今年の元旦以来の大阪上陸となりました。帰ってきたばかりで疲労気味の為、コジイチ厳選お土産の数々、お土産に順番は付けられないとのこと。写真はクリックで拡大します。

母の日感謝旅(食べ物編)

経済的問題が一番かと思いますが、旅には出ても食に関してはB級グルメばかりのような・・・まっ、安心して食べられるのと普段なれたものなので問題ありませんが。大阪といえばたこ焼き、帰りの新幹線駅弁(ほとんどコジイチの入れ物狙い)と目的をもっていたものもありました。まっグルメツアーで行った訳ではありませんのでこんなもんかな。日本海や北海道なら新鮮なお魚系で・・・思い出した、コジイチが幼稚園の時、北海道へ旅したとき、コジイチ納豆巻きばかり食べてました・・・・ここまで来て。親孝行です。

母の日感謝(観光編メインです)

コジコのツタンカーメンが見たいで始まった今回の旅。せっかく行くならと正月にいけなかった場所も含めての企画で1泊2日の予定が2泊3日へ変更。予算大丈夫???

そのおかげで、各自の行きたいところをほぼつぶせましたが、最終日は時間も押して別行動(荷物の管理と疲労回復を兼ねて私は小休止)

1日目スケジュール コジイチ 一言コメント

 ツタンカーメン展・・・黄金の短剣かっこよかったー

 交通博物館・・・シミュレーター楽しかったー

 大阪城・・・みたらしだんごうまかったー

 四天王寺・・・閉まってたー明日またこよう

 蛸の徹・・・カレーたこ焼きうまかったなー

 通天閣・・・夜のネオンもきれかー

2日目スケジュール

 インスタントラーメン博物館・・・今回の旅No1の思い出

 万博公園・・・どっしりとかっこよかったー

 伊丹空港・・・遠くて歩き疲れたー

 四天王寺・・・こここれてよかったー

 仁徳天皇陵・・・やっぱりおっきーい

 新幹線で自宅へ・・・駅弁うまかったなー。母の日感謝旅終了、でっ父の日は???

コジイチ、別の日記にはしっかりとまとめています、念のため。

昭和の戦争と平和の勉強観光広島・山口の旅(お土産編)

坊主の教科書に出ている宮島の鳥居が見たいとの一言で企画された旅、観光・勉強いろいろありますがまずは坊主が買ったお土産から・・・厳島神社でときめいた合格ハチマキに般若心経の扇子・・・小六の坊主が般若心経の扇子とは・・・常日頃からご先祖様に対する気持ちが現れてるかな、これを選ぶことに笑えます。後はマイブームのクリスタル集めに自分で焼いたもみじ饅頭。坊主なりにお小遣い予算がかなりオーバーした模様で購入にためらいも。私の時代はペナントに通行手形でしたが、ほとんど見当たりませんでした。

 

昭和の戦争と平和の勉強観光広島・山口の旅(お食事編

広島と言えば思いつくのが、お好み焼きに、もみじ饅頭に牡蠣・・・しかし、もう一つ有名な物があり坊主がときめいたアナゴ飯、さらに観光地価格、スルーするわけにもいかず、列のあるお店に・・・「うんっ美味しいーー」、この一言に尽きます、親は質素に・・・坊主、旅の〆はうなぎとは・・・うなぎは浜名湖のはずが・・・お好み焼きは季節的に重く感じ食べにはいきませんでした。餃子に広島ラーメンもおいしかったーーこの餃子屋さん、坊主の愛想が良かったのかデザートに杏仁をプレゼントしてくれました。感謝です、コジ家。

坊主、長崎のたこ焼やでもデザートプレゼントされたな、大人のハートを捕まえるのがうまいのか・・・坊主の幼少時、店々での投げチューもかなり評判でしたが。

昭和の戦争と平和の勉強観光宮島編

私は何十年ぶりでしょう、興味がなかったのかほとんど忘れてます、今の時代はカヤックで鳥居がくぐれるとは、坊主今回No1の喜びだったとの事、鳥居の真下では大好きな写真も撮らず肉眼に焼き付けていたようです、4時間走ってきた甲斐がありました。お盆に平清盛の効果か大変多くの観光客が訪れていてこれには驚きました、坊主、今度はいつやってくることでしょう、記憶に残ってればいいですが。コジコはカヤックの一番いいところをビデオ撮影中、バッグを鹿にイタズラされ撮影が・・・ティッシュ食べられただって、福沢諭吉じゃなくてなによりでした。

昭和の戦争と平和の勉強観光広島編(2日目)

大人になって訪れて展示品一つ一つをじっくり見たいと感じながらも、人の多さと坊主の流れもありでゆっくりとはいきませんでした、子どもの頃はなんとなく見てたものが大人になると真剣に見たいと思えるようになりました・・・坊主も多分何となく見ている事でしょうが、何かは伝わったのではないでしょうか。コジコは傘が壊れたや傘がなくなっただと、傘・傘・傘と1日傘に翻弄されてました。今の時代に生まれた事は感謝です。

福岡市内で育った時の路面電車の再会??違うかな??路面電車の走る町並みいいですね、福岡市内は路面電車が廃止され地下鉄に移行しましたが・・・路面電車に乗ってどこにでもいける町、車なくてもいいなと思え1日お世話になりました。

昭和の戦争と平和の勉強の旅広島から岩国編(最終日)

国宝不動院見学から呉の町へ、ここも戦時下軍事基地でもあり大変な被害にあった場所。そこにあったのは、陸揚げされた本物の潜水艦、これがユメタウンの横においてある事がまか不思議な光景、中もじっくり見学させていただけます。坊主もこれには驚いた様子、大和ミュージアムと見学するものが多く時間が過ぎ最終目的地、岩国の錦帯橋、橋を架け替えたすぐにきたことがありますが、時間が経ち色合いに味がでていました。ここでおしまいとなるはずが、坊主が岩国基地にオスプレイが来てるよね、ここから近い?との提案で早速移動。

肉眼では遠くはっきりとわからず苦労していると、基地見学に来ていた親切な方の立派なビデオカメラで拡大して見せていただきました。今回の旅、終わったはずの戦争から始まりオスプレイで旅の終わり、やっぱり戦争は完全に終わっていないことを学べる旅だったでしょうか・・・坊主の時代、このオスプレイが活躍する事がないように祈るばかりですね。